InfoTrace-OnDemand 概要図

特長

PCのログ取得の重要性

情報漏えいは、クライアントのPCから行われることがほとんどです。ですが、実際にPCで何がおこなわれたかについては、通常ではほとんど体系的な記録が残っていないため、解析にはかなりの技術・分析力が必要になります。

本サービスでは、PC操作のモニタリングから分析、管理、運用までをクラウドサービスとして提供し、誰にでも簡単に、ローコストで利用することができます。

ログを収集・分析し、わかりやすくレポートで表示

ユーザーが行ったPC操作のモニタリング、クラウド上のサーバーによるログ収集、分析・保管までをクラウドサービスとして提供します。収集したログの分析結果をWebブラウザレポートとして確認することができますので、問題点の見落しによるセキュリティ事故を未然に防止することができます。

「サイバー攻撃対策」がPC操作ログの主要な導入目的に

PC操作ログには、主に「内部犯行の抑制・防止」と、インシデント発生時の状況把握として利用する「サイバー攻撃対策」があります。サイバー攻撃対策、特に、侵入を前提とした対策が求められるようになっており、インシデントの正確な情報を把握するために、PCの操作ログの重要性が増しています。

機能・仕様

機能

Webレポートの閲覧

Webレポートの閲覧

管理者権限でPC操作ログを元に作成されたWebレポートを閲覧することができます。Webレポートではカテゴリ別に全16項目(Webアクセス先、メール件名、添付ファイル名、USBメモリ・P2Pソフト利用、プリンター利用 他)のレポートを確認できます。

クラウド(SaaS)型サービス

本サービスはSaaS型のサービスのため、お客様でサーバー等の運用環境を用意する必要はありません。

管理者様へのアラート機能

管理者様へのアラート機能

セキュリティポリシーに違反する操作や、特に注意すべき操作を事前に登録しておけば、それらの操作が行われた場合、管理者様へメールで通知します。レポートを確認しなくても、危険な操作に気付き、素早い対処が可能です。社内のPCの監視に最適です。

ユーザーへのアラート機能

ユーザーへのアラート機能

セキュリティポリシーに違反する操作や、特に注意すべき操作を行ったユーザに対して、 メールで警告することができます。注意勧告にはあらかじめ用意されたメールテンプレートを使用することが可能です。

PC操作ログ送信の暗号化

USBメモリ、SDカード等の外部メディアの読み取り/書き込みを制御します。

コンピュータフォレンジック対応

管理サーバ内のPC操作ログは改ざんすることができません。そのため、万が一情報漏えいなどの事件や事故が発生した場合、これらのログ情報を証拠として提出することが可能です。

仕様

通信要件
お客様の環境から、ポートTCP/19982へのアウトバウンド通信が可能なこと
PC要件
対応OS
(32ビット版、64ビット版)
Microsoft® Windows® 7 SP1 / 8.1 / 10
ディスク容量60MB以上

価格

価格 月額1,200円/1台(税抜)

*月額料金のほかに、別途月額料金1ヶ月分の初期費用が必要です。

最低利用台数 5台
最低利用期間3ヶ月