SecureDocマネージドサービス | Creators Update適用見合わせのお願い

お知らせ

2017年4月11日より、マイクロソフトからCreators Update(1703)の配信が順次開始されておりますが、SecureDocは2017年4月現在Creators Updateには対応していません。Creators Update適用済み端末にSecureDocをインストールした場合に、OSが起動しなくなる症状が報告されておりますので、以下の事を実施しないようにお願いします。

・Creators Update を適用した端末にSecureDocをインストールする事
・SecureDoc インストール済みの端末へCreators Updateを適用する事

Windows 10 Proをお使いの場合は、「機能の更新を延期する」を使用して、あらかじめCBBに切り替えてください。
Creators Updateを既に適用済みのお客様や、Creators Updateが適用された端末を使用する必要があるお客様は、回避方法をご提示させていただきますので、弊社までその旨お知らせください。


CBB(アップグレードを4ヶ月延期する)に切り替える設定手順は以下の通りです。

スタートメニュー -> 設定 -> 更新とセキュリティ -> Windows Update -> 詳細オプション
-> 「機能の更新を延期する」にチェックを入れる


本事象について詳細は下記ウィンマジック社の通知をご確認ください。
Creators Updateは、SecureDoc 7.1 SR6でサポートされる予定です。
http://www2.winmagic.com/webmail/17502/461034555/a2d040f8f4bd404bb349401d7c443a99


SecureDocマネージドサービス
https://www.pit-navi.jp/service/secure-doc-managed


※2017年7月10日追記
SecureDocでは、7.1 SR6よりCreators Updateをサポートしています。
6/30より、SecureDocマネージドサービスは、Creators Updateに対応しています。
詳細はお問い合わせいただくか、以下をご確認ください。
https://www.pit-navi.jp/info-securedoc-creators-update-20170710/